私は田舎に旅に行くのが好きなので、青春18切符が発売される季節になるとだいたい、旅に出ます。
この話は去年の夏に新潟~福島を旅した時の話です。
旅の予定としては新潟まで出て、新潟で一泊後、新潟から会津若松まで出てそのまま郡山を経ていわきへと抜けるルートを計画しました。
奥の細道ラインとも呼ばれる阿賀野川に沿って走るローカル線です。
基本的にローカル線なので人がいない(笑)その日乗った電車も朝早かったからか、山のなかに入ってからは車両の中には3~4人ほどしかいませんでした。
その中のひとりがどうも私と同じような格好をしています。
(青春18切符使ってる人は同じ匂いがします(笑))向こうも気がついたのかこちらをチラチラ。
他に似たような人はいないし、出会いも旅先の楽しみの一つだよね♪とか思いながら、話しかけてくれないか待ってましたが、話しかけてくれないので、こちらから話しかけてみることにしました(恥)「青春18切符使ってらっしゃるんですよね?こんなところで出会いがあるなんて不思議♪」と話しかけたところ相手の方も「僕もこんなところであなたのような人と出会いがあるとは思いませんでしたよ」と嬉しい返事。
そのあとはお互いの旅程の話をしながら、ゆっくり流れる阿賀野川を眺めつつお互いの身の上の話などをしました。
こんな話ができるのも一期一会の旅での出会いだからかも知れません。
気づけば、列車は会津若松へ。
私は、郡山へ抜ける予定だったのですが、彼はここで降りて鶴ヶ城を見ていくとのこと。
せっかく、仲良くなれた人だったのでここで離れるのも惜しく私も一緒に途中下車をしてしまいました。
郡山では一緒に観光をして晩ごはんを食べて一緒のホテルに泊まるという普段の私では考えられないような積極的な行動をとってしまいました。
どうなったかは大人なのでわかりますよね?笑旅先での出会いは人を開放的にするのかもしれません。

関連記事

関連する記事はこちら

トラックバックURL

ページ上部に