私が素敵な彼との出会いをしたのはOLをしていたころのことです。
そのころの通勤手段は電車で、毎朝同じ時刻に同じ席に座って職場へ通っていました。
一般的にラッシュ時といわれる時間でしたが、都会ではないのでそう混雑することはありませんでした。
電車に揺られるのはおよそ30分です。
読書好きの私は、その30分間を読書の時間にしていました。
私のお気に入りのジャンルは推理小説です。
次々と話が展開していくのでとてもおもしろく、夢中になっているとあっと言う間に降りる駅に到着します。
そんな風にして通勤していたある日のこと、いつもの駅で降りて職場への道を歩いていると、後ろから「すみませーん」と声をかけられました。
誰だろうと思って振り向くと、そこには一人の男性が立っています。
そして「電車の中でいつも本を読んでますよね」と言われました。
その男性の話では、自分も読書好きでいつも本を読んでいる私の存在が気になっていたとのことでした。
そして「今度一緒に本の話をしませんか?」と言われたのです。
彼は電車の中で私のことをいつも見ていたそうですが、私にとってはこのときが彼との初めての出会いとなりました。
彼との最初のデートは本屋でした。
私も彼も本が好きなので、色んな本を見ながら話に花を咲かせました。
そして彼の好みも推理小説だとわかり、ますます話が合うようになりました。
それから通勤電車では隣同士の席に座るようになりました。
趣味が同じ二人なので本の話で盛り上がって楽しく、休みの日も頻繁に会うようになりました。
気づくと最初の出会いから短期間の間に何度もデートを重ねていました。
そして会うたびごとに、お互いなくてはならない存在になっていきました。
今は初めての出会いから3年になりますが、そろそろ結婚を考えています。
素敵な彼と出会えて幸せです。
彼との出会いはまさしく運命の出会いでした。

関連記事

関連する記事はこちら

トラックバックURL

ページ上部に